自賠責保険とは?

自賠責保険は強制保険

自賠責保険は法律によって、 自動車、バイク、原付を使用する際に強制的に加入が義務づけられている損害保険です。
自賠責保険契約に未加入、または有効期限切れで車を運行しますと、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになります。

自賠責保険は人身事故のみ

自賠責保険は自動車事故により死傷した被害者の保護救済を図ることを目的としています。したがって、物損事故には適用されません。

対人とは、死傷した相手側の運転者とその同乗者、あるいは歩行者などをいいます。

つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われ、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金が支払われることはありません。

もし、事故を起こした加害者に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができます。

偶然、事故にあった被害者が賠償金をもらえず、泣き寝入りするのを未然に防いだのが自賠責保険といえます。

ケガをした人が被害者

自賠責保険では、過失の大小に関わらず、ケガをした人、死亡した人が被害者となります。
(ですので、自分の過失が小さいのに加害者扱いされても気にする必要はありません)

 

重過失減額

任意保険の場合、被害者に過失があった場合は厳格に過失相殺が行われますが、自賠責保険では過失相殺は行われません。

ただし、被害者に重大な過失があった場合は、下記のように支払限度額から減額されます。 これを重過失減額といいます。

被害者の過失

7割未満の場合   減額無し
7割以上8割未満   2割減額
8割以上9割未満   3割減額
9割以上        5割減額

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>