自賠責保険と任意保険

自賠責保険は1階部分

自賠責保険は、人身事故の被害者が必要最小限の補償を確保するための保険です。よって自賠責保険には限度額が定められています。
下の図のように、任意保険は自賠責保険の限度額ではカバーしきれない部分を補償する保険ということになります(加害者が任意保険に加入していた場合)。

自賠責保険は必要最小限の保険

自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の主な違いは下表の通りです。

自賠責保険 項目 任意保険
法律によって車両の所有者に義務づけられている 加入 任意
最低限の補償を確保する被害者保護を目的としている 目的 自賠責保険の不足分を補うことを目的としている
法令により定められている 保険料・補償内容 自分で選択できる
対人賠償のみ 賠償範囲 保険商品によって異なる
なし。
重過失があるときのみ、減額される
過失相殺 厳格に行われる

注意 任意保険には加入していたが、車の車検が切れた状態で事故を起こした。

この場合、自賠責保険が切れている状態での事故となり、任意保険に加入していても1階部分の自賠責保険の限度額分は加害者が自腹で負担することになります(死亡3000万円、後遺障害4000万円、傷害120万円)。自賠責保険の上限を超えた場合、任意保険を使っての賠償金が支払われることになります。あくまで任意保険は自賠責保険の限度額が越えたときに有効になる保険ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>