自賠責保険の活用法

被害者保護のために

自賠責保険には以下のような制度が用意されています。

仮渡金 賠償額の確定しない段階で、被害者が当座の出費のために仮請求できる制度です。
被害者請求 加害者側からの支払、示談成立を待たずに、被害者側から請求し、賠償を受けることができます。

被害者請求を活用しよう

本来、賠償は加害者がするべきもので、何で被害者が請求しなければいけないんだ、と思う方も多いかもしれません。また、任意保険会社による一括払い制度を利用しているため、完全に保険会社任せになっている方も多いかもしれません。それで十分な補償を受けることができればいいのですが、そうでないケースも多くあります。そんなときは被害者請求を活用して、その後に備えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>