玉突き事故

赤信号に変わったので停止していると後続車が赤信号に気が付かず衝突してきました。

ブレーキをしっかり踏んでいたのですが、私の車も前に停車していた車に衝突してしまいました。
停車中であったことや、相手もブレーキをしっかり踏んでいたことから衝撃は強かったものの、救急車は呼ばれずそのまま事故処理に移りました。

軽自動車だったこともあり、私の車は全損。
私がぶつかった先頭の車も大きく損傷していました。
初めての事故だったので、どう処理していいのか分からず不安でした。
非常に興奮していたためか現場では少しも痛みを感じなかったので、治療費などは考えられず会社への連絡と、全損だった車のことばかり考えていました。
現場検証の結果、追突してきた車の過失が認められたので、保険会社を通して保証を行うことを約束し、レッカー車や代車の手配を行い出勤しました。

次の日の朝になって肩や首、腰に痛みを感じました。
事故処理を行った際に痛いところはないと答えてしまったので、治療費は自己負担なのかもしれないと不安になり保険会社に連絡しました。
すぐに相手の保険会社と連絡を取り合ってくれ、整骨院に行くことになりました。
整骨院に行く前には保険会社に連絡を入れて置くといいようです。

驚くほど痛みを感じるようになった体をふくづか鍼灸整骨院の院長は少しずつチェックして、優しくほぐしてくれました。
整骨院と聞くとボキボキと骨を整えたり強くひねったりするイメージがありましたが、本当に優しく治療を行ってくれるので毎回体が軽くなるのを実感することが出来ました。

初めての事故だったので保険についても詳しく理解していない部分がありましたが、治療だけではなく、交通事故専門士という資格を生かして今後行うべきことなども詳しく教えてくれ、不安を取り除いてくれました。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪で初めての交通事故専門士がいる
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>