横断歩道での人身事故

信号のない横断歩道を歩いてると突然体が吹き飛ばされました。

お店から出てきたバイクが私に気が付かず、そのまま衝突してしまったのです。

バイクは衝突する前に私を回避しようと転倒したようで、私には倒れたバイクだけが衝突したようです。
幸いお店から道路に出たばかりだったこともあり、スピードがそれほど出ていなかったために私は一命を取り留めることが出来ました。
それでも全身の打撲と、酷い擦り傷を負いました。
頭をとっさに庇ったのが幸いでした。
骨折はしていなかったのですが、今でも左腕にしびれが残っています。

すぐに病院に運ばれ適切な処置を受けることが出来ました。
骨折もなかったのですが数日入院しました。
私が横断歩道を歩いていたことなどから、相手の過失が認められ入院費などは相手が保証してくれることになりました。

退院後も左腕のしびれがとれなかったので、整骨院に伺いました。
どうやら肩の神経などが関係しているようで、回復傾向にはありますが完全に治ることはないかもしれないということでした。

相手は整骨院の治療費も出してくれていますが、今まで一度も面会に訪れることはありませんし、左腕に関してもむち打ち症などの治療期間を過ぎたら支払う義務がないと言っています。相手から強制して見舞金などを得ることは出来ないことなどをふくづか鍼灸整骨院さんに教えて頂きました。

しかし私には過失が無かったのに左腕にしびれを感じる生活を強いられていることに憤りを感じていますので、今後は慰謝料請求を行うことにしました。
不便な生活を強いられてしまっているので、弁護士に相談して慰謝料請求を進めていくことにしたのです。
これは保険の管轄外ということで、自分で行動しなければなりませんでしたが、行動するべき内容だと思っています。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪で初めての交通事故専門士がいる
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>