バイクでの後方からの追突事故

車道で自転車に乗っていると後ろから私を追い越そうとした原付バイクと接触。

全身を激しく道路に打ち付けられ、口の中が切れてしまい出血。
バランスを崩した際に手足も自転車に絡まってしまっていたため、あちこちから出血していました。
原付バイクに乗っていた男性は数メートル先で停止。

出血の多さに救急車を呼んでくれました。
結果的に口の中だったので激しい出血に見えただけで軽傷でした。

原付バイクに乗っていた男性は自賠責保険には加入しているようでした。
私は自転車ということもあり、保険に加入していませんでした。
救急車より先に警察が到着し、相手の方が色々と説明してくれていました。
自転車やバイクは歩道に移動され、混乱していた私は病院で治療を受けるまで何も話していません。

病院での治療が終わると相手の保険会社から連絡があり、追突事故として処理されると言うことでした。

その数日後に背中に痛みを覚え整骨院を利用させて頂きました。
整骨院の利用も初めてでした。
患部をゆっくりと治療してくれるので痛みが和らいで行くのがわかりました。
痛すぎない治療だったのも良かったと思います。
事故の話をすると、色々な相談に乗ってくれたのも本当に良かったです。
自転車での保険加入など、役に立つことばかりでした。
交通事故専門士という資格をお持ちだからこそ、こうした相談に乗ってくれたようで、的確なアドバイスのおかげで分かりにくい保険の話も乗り越えることが出来ました。

体も良くなりましたし、保険の話も進めていくことが出来、解決することが出来ました。
その節は本当にお世話になりました。
ふくづか鍼灸整骨院さんでこのような対応をしてくれたおかげで事故の後の生活も順調だと思っています。

 

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪市で交通事故専門士のいる整骨院・整体院
電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>