急ブレーキによる事故

夜間走行中に、相手の嫌がらせによる急ブレーキで事故を起こしてしまいました。

とっさにブレーキを踏んだのですが、止まりきることが出来ず、俗に言うお釜を掘る形で相手の車に衝突。

エアバックは作動しませんでしたが、相手の車もしっかり凹んでいました。
相手は最初、驚かそうと思って急ブレーキを踏んだことを認めていましたが、話は二転三転して、最終的には動物を避けようとしたと言っています。

相手の言い分に不満があるため、意味のない急ブレーキでの事故だったことから示談を求めていますがなかなかまとまりません。

事故の翌日には首に痛みが起こるようになり、その日の夕方にはひどく痛み出しました。
自分で起こした事故と言うこともあり整骨院に行くのは躊躇っていましたが、痛みが強いのでふくづか鍼灸整骨院で治療を受ける事になりました。
整骨院でも湿布などの簡単な治療で終わるのかなと思っていましたが、しっかり症状に合わせて指圧を加えてくださり、患部が温まるような感じで楽になっていきました。

その時に事故の対応についても相談に乗ってくださり、始めてしっかり事故について話すことが出来て安心しました。

結局、意味のない急ブレーキの事故だった事実をしっかり訴えていき、示談交渉を進めていくことになりましたが、相手が話を何回も変えてしまうのでなかなかまとまりませんでした。
私の過失については認めているものの、それ以上の金額を請求されて困っています。
示談交渉がまとまらず、平行線になってしまっているので訴訟を起こすことにしようと思います。
必要以上の金銭的要求があることが、訴訟に踏み切ることにした最大の理由だと言えます。
高額の示談金を支払ってもまだ何かトラブルが起きそうでしたし、この判断は正しいものだと思っています。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪で初めての交通事故専門士がいる
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>