バイクと車の右直事故

危ないと思った時にはもう手遅れでした。

車を避けようと減速したもののバランスを崩し、そのまま右折する車に直撃しました。
よくある右直事故です。

夜22時頃仕事からの帰りでいつもの道をバイクで直進していました。
私との距離を誤った車が右折、私はそのまま車の左ライト付近に叩きつけられました。
一瞬のことですがスローモーションのように思い出すことが出来ます。

すぐに救急車に乗せられ緊急手術を受けました。
肩の骨が折れて皮膚に刺さってしまっていたようです。
足も怪我をしていたようで数針縫われていました。

右直事故ということで相手方との事故処理の交渉は比較的スムーズに進んでいました。
治療費も相手側が負担してくれるということでホッとしましたし、謝罪にも訪れてきてくれたので信頼しきっていました。

数か月間入院し、その後数か月は病院に通院していました。
しかし病院での治療が終了に近づいてもなかなか腕が元通りに上がることがなく、そのため整骨院で事故の後遺症の治療を行って貰いました。
腕がなかなか上がらず痛みを感じていたのですが、治療を行っていくうちに完全ではないものの回復を感じました。

右直事故ということで自分にも責任がありますし、後遺症があった後に申請が出来ることを知りませんでしたが、親身に相談に乗って下さり保険会社では指摘がなかった後遺障害を申請することにしました。
整骨院で同じように事故で悩んでいる人に出会えたからの決断です。
今後の治療費など大きく関わる問題ですぐに申請が通ったり却下されたりするものではないようですが、こうした後遺症の申請があることを知れてよかったです。
申請をするのとしないのとでは大きく事故後の生活が変わると言うことですから、大切なことだと感じています。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>