飲酒運転での事故

自動車でカーブを走行中、急にまぶしい光が襲いました。

危ないと思ってハンドルを切った時にはすでに遅く激しい衝突。
そこから病院までの記憶が一切ありません。

病院で目が覚めて落ち着いてから、相手の車が飲酒運転によって対向車線をはみ出して走行したことによる事故だと聞いて、非常に怒りが沸きました。
命に別状はないものの複数個所骨折し病院のベッドから起き上がることが出来ないことや、全身の痛みも合わさり、悲しみすら抱きました。

飲酒運転した男性は奇跡的にも軽傷だったようで、それもまた私にはひどく苛立ちを感じさせました。
家族や保険会社の方が事故の処理をしてくれていました。
ほとんど家族や保険会社の方が行ってくれたので自分で行う手続きなどはほとんどありませんでした。
入院生活は1年近くに及び、非常に辛い体験でした。
その後は整骨院の方で数年治療を継続しましたが、痛みは完全には無くならず事故前のように腕を上に上げる事が難しくなってしまいました。
また顔に大きな傷が残ったこともあり、後遺症申請を行うことを整骨院の方で勧められました。

その時ですでに事故から3年近く経過していたので今から申請出来るものがあることも知らなかったので、非常に驚きました。
ふくづか鍼灸整骨院の方々は親切で治療だけではなく、事故後の対応の相談にも乗って下さり、心のケアも行ってくれたように思います。
事故に遭ってどん底に突き落とされた気持ちの中で、前向きさを失わなかったのはふくづか鍼灸整骨院さんのおかげです。

今は賠償金を獲得するために弁護士さんを通じて相手側と話し合いをしている最中です。
事故後から前進することが出来ていなかった数年ですが、やっと先に進み始めることが出来ています。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>