走行中の追突事故

走行中に後ろから激しい衝撃を受けました。

停車中に追突される事故やブレーキに気が付かず追突される事故は聞いたことがありましたが、走行中に追突されるとは思ってもみなかったので、最初は事故であることに気が付きませんでした。

激しい衝突でハンドルも大きく取られ激しく揺さぶられたようでした。
すぐに路肩に停車し、相手の車も誘導して停車して貰いました。
相手が携帯電話でメールのやりとりをしていたことによって速度調整をミスり、そのまま追突したことを認めました。
警察や保険会社にも相手側がしっかり証言してくれたおかげで、事故後の揉め事もなくその場は収まりました。

その後も私は保険会社にやりとりの全てを任せていましたが、事故から数日たって首に違和感を覚えるようになり、相手側の保険会社に連絡後整骨院にお世話になることになりました。
やはり事故の数日後に現れるむち打ち症でした。
相手側は物損事故として処理をし、示談をするつもりだったようでこの治療費の請求は非常に揉めました。
私もここまで揉めるとは思っていなかったので正直焦っていましたが、ふくづか鍼灸整骨院さんは首の治療だけではなくしっかりと事故の相談にも乗ってくれ、解決する方法などのアドバイスを頂いたりもしました。

アドバイスを参考にし、保険会社を通して相手側と話し合いを進めていき、しっかりと治療費を負担して貰えることになったのでよかったです。
整骨院は殺伐とした雰囲気だと思っていましたが、そんなことは無く温かな人たちばかりでしたので、それも事故後の不安を取り除いてくれた要因になったと思っています。

今は事故処理は全て解決し、事故前の生活に戻ることが出来ました。
その節は本当にありがとうございました。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪で初めての交通事故専門士がいる
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>