タグ別アーカイブ: 交通事故

停車中の追突事故

ドーンという激しい音とともに体が浮き上がるような衝撃を受けました。

事故に遭ったと気が付くまで数秒のタイムラグがありました。
後ろを振り返るとガラスが割れ、後部座席が倒されるような形で変形していました。

あまりの衝撃に鼓動が高まったまま自力で車から飛び出すと、衝突してきた車の運転手もすぐに飛び出してきました。
慣れない土地を運転中、カーナビを操作しようと停止可能区域に停止している際に追突されての事故でした。
相手の運転手から激しい罵倒を受けたのを今でも思い出します。
事故で頭が混乱していたので、相手が大声で怒鳴りつけてくるのが怖く、すぐに警察を呼びました。

警察が事故の調査をしている間に安心してきたのか急に体がふらふらして立っているのが辛くなり、吐き気が耐えられなくなってきました。
歩道に座り込んで嗚咽を漏らしていると警察官が呼んでくれたであろう救急車に乗せられ病院へ向かいます。
救急車の中では名前や生年月日、今日が何月なのかなど質問責めでした。

精密検査の結果命に別状はないものの、衝撃を激しく受けているために後遺症が出る可能性が大きいことを知らされました。
翌日には首と腰が痛み、頸椎捻挫と腰椎捻挫と診断されました。

病院は自宅から遠かったので、近くのふくづか鍼灸整骨院にお世話になることにしました。
頸椎捻挫と腰椎捻挫と言うことで筋肉をほぐすような治療が行われました。
親身になって下さり、同じように事故の後遺症で悩んでいる方も多くて安心したのを覚えています。

事故ではしっかりと保険会社を中心に話し合いが進み、治療費などもめることなく示談が成立しました。
過失の分かりやすい事故であったことが示談成立がスムーズだった理由だと言われています。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

直接的な接触の無い事故

バイクで道路を走行しいていました。

一時不停止した車が飛び出してくるのが見えたので、とっさに急ブレーキを掛けて事故を回避しようとし、激しく転倒してしまったのです。
相手の車とは直接的に接触はしなかったものの、相手が一時不停止をしなければ起こりえない事故でした。

相手の車の方が警察と救急車を呼んでくれました。
私の体はそのまま地面に叩きつけられていたので、腕の骨が折れていました。
また鼻を強打したようで鼻血も止まらず、その場ではしっかりと事故の説明が出来ませんでした。

相手方の一時不停止を避けようと転倒したことを伝えても、直接衝突したわけではないので相手側には責任がないかのような雰囲気でした。

病院で治療を受けた後に、保険会社を通じて再度話し合いを行うことが出来ました。
警察の方にも事故の状況をしっかりと説明し、相手とは非常に揉めましたが、最終的には相手側の過失が認められました。
治療費などを含めて示談することまで決定しました。
すぐに示談を成立させずに、骨折した腕の状態もしっかり把握したいということでしたので、示談はすぐに成立することはありませんでした。
保険会社も納得していました。
定期的に連絡が続き事故から半年近く経過したころから整骨院に通い始めました。
骨折した場所が骨がくっついた後も痛みを感じることが多かったためです。

整骨院に通うことは相手にも伝えていました。
相手側から3か月治療を行い、示談の成立の話し合いがしたいと言われたので不安に思っているとふくづか鍼灸整骨院の方は親身に相談に乗ってくれました。
資格を持っているために事故後の対応には詳しいということで、安心しました。
結果アドバイス通りに対応し、示談を無事成立させることが出来ました。

治療だけではなく相談にも乗って頂けて、本当にありがとうございました。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪で初めての交通事故専門士がいる
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

走行中の追突事故

走行中に後ろから激しい衝撃を受けました。

停車中に追突される事故やブレーキに気が付かず追突される事故は聞いたことがありましたが、走行中に追突されるとは思ってもみなかったので、最初は事故であることに気が付きませんでした。

激しい衝突でハンドルも大きく取られ激しく揺さぶられたようでした。
すぐに路肩に停車し、相手の車も誘導して停車して貰いました。
相手が携帯電話でメールのやりとりをしていたことによって速度調整をミスり、そのまま追突したことを認めました。
警察や保険会社にも相手側がしっかり証言してくれたおかげで、事故後の揉め事もなくその場は収まりました。

その後も私は保険会社にやりとりの全てを任せていましたが、事故から数日たって首に違和感を覚えるようになり、相手側の保険会社に連絡後整骨院にお世話になることになりました。
やはり事故の数日後に現れるむち打ち症でした。
相手側は物損事故として処理をし、示談をするつもりだったようでこの治療費の請求は非常に揉めました。
私もここまで揉めるとは思っていなかったので正直焦っていましたが、ふくづか鍼灸整骨院さんは首の治療だけではなくしっかりと事故の相談にも乗ってくれ、解決する方法などのアドバイスを頂いたりもしました。

アドバイスを参考にし、保険会社を通して相手側と話し合いを進めていき、しっかりと治療費を負担して貰えることになったのでよかったです。
整骨院は殺伐とした雰囲気だと思っていましたが、そんなことは無く温かな人たちばかりでしたので、それも事故後の不安を取り除いてくれた要因になったと思っています。

今は事故処理は全て解決し、事故前の生活に戻ることが出来ました。
その節は本当にありがとうございました。

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院
東大阪で初めての交通事故専門士がいる
東大阪市鷹殿町4-21
電話 072-988-5785

車が歩道に乗り上げての事故

歩道を歩いている時に左折をしようとした車がスリップし歩道に乗り上げました。

私はとっさに車を避けようと体をひねって後方に逃げたので直撃したわけではありませんが、車に衝突してしまいました。
強い衝撃を腰に受け、そのまま歩道に倒れたのを通行人の方に介抱されました。

運転手の方も相当慌てていたと思います。
私も痛みとそれから驚きとで救急車が来るまでは起き上がれませんでした。

相手が左折しようとしてしっかり減速していたことと、私が身を引くことが出来たことが重なり、幸い命に別状のある事故にはなりませんでした。
もしもう少しスピードが出ていたら体を腕では支えきれずに頭をぶつけてしまい危なかったそうですし、体をねじって身を引かなければタイヤの下敷きになった可能性もあるとのことで、本当に不幸中の幸いだったと思います。

激しく地面に衝突したことで頸椎を捻挫してしまい、しばらく入院を余儀なくされました。
入院している最中に相手側の方も謝罪に訪れてくれて、手続き自体は夫が行ってくれていたものの、特に大きな問題はなかったようです。

しかし退院しても腰の痛みは治らず、整骨院で治療を開始しました。
症状は以前より改善され、治療前に比べて痛みは少なくなりましたが半年たっても完全には治らず後遺症を申請することになりました。

後遺症の申請も初めてのことで不安でしたが整骨院の方から丁寧に申請方法を教えてもらうことも出来、14級で認定してもらうことが出来ました。
ふくづか鍼灸整骨院でこんなに親身に相談に乗って下さるとは思ってもみませんでしたので、本当に助かりました。
ありがとうございます。
整骨院では皆さんが親切で症状などを気に掛けてくれたこともあり、今でもまったく痛みがないわけではないものの元気で頑張れています。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

自転車同士の事故

自転車で交差点を左折する際に他の自転車と激しく衝突。

お互いすぐには立ち上がれないほどだった。
大きく変形した自転車からは衝突の激しさを物語っていた。

交差点を左折しようとした私に、そのまま直進しようとした自転車が追突する形での事故だった。
バランスを崩して倒れる際に自転車に体を巻き込んでしまい、全身的な打撲を負った。

相手方も衝撃で転倒し同じように全身的な打撲を負っていた。
私自身も相手も自転車であったため事故は起こさないと過信していたため、保険には加入していなかった。
怪我が酷くなければ、そのままお互い立ち去ったかもしれない。
しかし自転車同士の事故とは言え、その衝撃は大きく激しく地面に叩きつけられたこともあり吐き気もあったので病院へ向かった。
そのため自転車同士での事故処理を行うことにした。

どちらも自分の過失割合に納得がいかず、保険会社も入っていなかったので埒が明かない話し合いが数日間に渡って繰り広げられた。
頸椎捻挫と診断されしばらく痛みを引きずった生活となり、自分だけでは対処できないと思い弁護士に事故処理を頼んだ。
相手としっかりと交渉した結果、示談が成立し和解することが出来た。
自分ひとりでは解決することが出来なかったと思う。

事故の衝撃で私は頸椎を捻挫したので、病院へ通院から整骨院での治療に切り替えた。
事故の後遺症のような治療は整骨院の方が良いと聞いていたからだ。
整骨院だからそれほどすごい治療ではないと思っていたが、しっかりとした治療に驚き、整骨院に通うのがそれほど苦ではなかった。
適切な治療を受けられて満足している。
あれほど痛んだ腰も徐々にではあるが痛みが和らいできたので、心にも余裕が出来たのだと思う。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

原付自転車と自動車の事故

原付自転車で道路の左側を走行中でした。

自動車は信号待ちのために速度を落として走行していました。
突然一台の車が方向指示器もなく左側に車を寄せたことにより、走行することが出来なくなり、ブレーキを踏んだものの車に衝突してしまいました。

原付自動車と車の間に足が挟まれ、足の形が変形してしまったことがすぐに分かりました。
歩道側に倒れると足からは血が流れていくのが分かりました。
気を失いそうになりながら車の運転手が呼んでくれた救急車を待ちました。
救急車のサイレンが聞こえてほっとしかたらなのか、サイレンが聞こえてからものすごい痛みに襲われました。

車を運転していた男性は路肩に停車させようとして左側へ詰めたようです。
赤信号で徐行した自動車で車線は混雑していたので、私には避けるスペースがありませんでした。

相手側の過失ということで、入院しリハビリをしましたが退院しても骨折箇所に痛みが残りました。
そこで整骨院で治療を再開しました。
ふくづか鍼灸整骨院での治療は幹部に優しくマッサージを施してくれるようなもので、治療に痛みはありませんでした。
リハビリとは違い治療に痛みはありませんでしたが、ある程度まで痛みは回復することが出来ました。
しかし完全に痛みが無くなることはなく、痛みは事故の後遺症であることが整骨院から告げられ後遺症の申請を行おうとしている段階で相手側から示談の相談がありました。

今後も足の痛みが完全に消えないことを考えると不安になり、ふくづか鍼灸整骨院の方とも治療のたびに相談に乗って頂きました。

結果的に現在は、後遺症のケアも含めた金額で示談を成立する考えです。
自分だけでは示談を決断できそうにもありませんでしたが、示談を成立させても良いような内容であると今は判断しています。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

横断歩道上での事故

驚いて自転車を避けようと思った時にはすでに自転車が私にあたっていました。

自転車とは思えないほどの衝撃で私は地面に倒れ込んでしまいました。
その時に手首を大きくひねってしまい、立ち上がると力を入れても上手くいかなかったことを覚えています。

私が横断歩道を渡っていると減速せずに反対側から自転車の方も横断歩道を渡ってきました。
自転車の方は私にぶつかるまで私に気が付いている様子はなく、携帯電話を利用していて前方不注意だったようです。

驚くことに自転車を起こしてそのまま立ち去ろうとするので、呼び止めて連絡先を交換し。今から病院へ行くのでそれから連絡をすることを伝えました。
相手は一言の謝罪もなく、しぶしぶ連絡先を伝えて立ち去りました。
私が歩行者であったことと相手が自転車だったこともあり、お互い保険に加入していないので、どこに連絡すればいいか分からない状況でした。

自力で病院へ行き診察してもらうと、手首の捻挫であることが分かりました。
相手に治療費を請求しましたが、自転車も壊れたとのことで修理費を請求されました。
私はこの時まで相手が悪いと思っていたので、逆に請求されるとは思ってもみませんでした。
それから何度は話し合いを続けましたが、話は平行線です。
手首の腫れが引いても腕全体に痛みが残るので整骨院を訪れたのが事故からすでに1週間は経ってからでしょう。

ふくづか鍼灸整骨院での治療は手首ではなく衝撃を受けて痛めた腕を中心に行ってくれたもので、痛みの無い治療でした。
そこで事故の相談にも乗ってもらい、やはり歩行者と軽車両との事故なので治療費を貰えることを知り、しっかり相手と示談を成立させることが出来ました。
事故から時間が経っていたにも関わらず、丁寧な対応をしていただき本当に助かりました。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

飲酒運転での事故

自動車でカーブを走行中、急にまぶしい光が襲いました。

危ないと思ってハンドルを切った時にはすでに遅く激しい衝突。
そこから病院までの記憶が一切ありません。

病院で目が覚めて落ち着いてから、相手の車が飲酒運転によって対向車線をはみ出して走行したことによる事故だと聞いて、非常に怒りが沸きました。
命に別状はないものの複数個所骨折し病院のベッドから起き上がることが出来ないことや、全身の痛みも合わさり、悲しみすら抱きました。

飲酒運転した男性は奇跡的にも軽傷だったようで、それもまた私にはひどく苛立ちを感じさせました。
家族や保険会社の方が事故の処理をしてくれていました。
ほとんど家族や保険会社の方が行ってくれたので自分で行う手続きなどはほとんどありませんでした。
入院生活は1年近くに及び、非常に辛い体験でした。
その後は整骨院の方で数年治療を継続しましたが、痛みは完全には無くならず事故前のように腕を上に上げる事が難しくなってしまいました。
また顔に大きな傷が残ったこともあり、後遺症申請を行うことを整骨院の方で勧められました。

その時ですでに事故から3年近く経過していたので今から申請出来るものがあることも知らなかったので、非常に驚きました。
ふくづか鍼灸整骨院の方々は親切で治療だけではなく、事故後の対応の相談にも乗って下さり、心のケアも行ってくれたように思います。
事故に遭ってどん底に突き落とされた気持ちの中で、前向きさを失わなかったのはふくづか鍼灸整骨院さんのおかげです。

今は賠償金を獲得するために弁護士さんを通じて相手側と話し合いをしている最中です。
事故後から前進することが出来ていなかった数年ですが、やっと先に進み始めることが出来ています。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

バイクと車の右直事故

危ないと思った時にはもう手遅れでした。

車を避けようと減速したもののバランスを崩し、そのまま右折する車に直撃しました。
よくある右直事故です。

夜22時頃仕事からの帰りでいつもの道をバイクで直進していました。
私との距離を誤った車が右折、私はそのまま車の左ライト付近に叩きつけられました。
一瞬のことですがスローモーションのように思い出すことが出来ます。

すぐに救急車に乗せられ緊急手術を受けました。
肩の骨が折れて皮膚に刺さってしまっていたようです。
足も怪我をしていたようで数針縫われていました。

右直事故ということで相手方との事故処理の交渉は比較的スムーズに進んでいました。
治療費も相手側が負担してくれるということでホッとしましたし、謝罪にも訪れてきてくれたので信頼しきっていました。

数か月間入院し、その後数か月は病院に通院していました。
しかし病院での治療が終了に近づいてもなかなか腕が元通りに上がることがなく、そのため整骨院で事故の後遺症の治療を行って貰いました。
腕がなかなか上がらず痛みを感じていたのですが、治療を行っていくうちに完全ではないものの回復を感じました。

右直事故ということで自分にも責任がありますし、後遺症があった後に申請が出来ることを知りませんでしたが、親身に相談に乗って下さり保険会社では指摘がなかった後遺障害を申請することにしました。
整骨院で同じように事故で悩んでいる人に出会えたからの決断です。
今後の治療費など大きく関わる問題ですぐに申請が通ったり却下されたりするものではないようですが、こうした後遺症の申請があることを知れてよかったです。
申請をするのとしないのとでは大きく事故後の生活が変わると言うことですから、大切なことだと感じています。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785

追突事故での示談

信号待ちをしている間に追突事故に遭いました。

交差点の一番前での停車だったので、危うく大きな事故になるところだったんです。
衝撃は激しかったのですが、車も後方に大きな凹みが出来るくらいで、事故当時は痛みもありませんでした。

事故後の相手の誠実な対応に最初は感心しましたし、車の修理費も全額負担してくれると言うことから、何も気に留めず示談を成立させました。
車の修理費は見積もりを出した翌日には、約束通り修理工場の方に直接支払ってくれました。

事故の衝撃は大きかったですが数日は体の痛みが全くなくて、自分でもラッキーだと思っていたのです。
他の友人に事故で凹んだ車の写真などを見せたときにも、ピンピンしていることを驚かれたりもしました。
むち打ち症なども事故後数日以内に痛みを覚えることは知っていましたが、1週間経過して無事だったので何も疑っていなかったのです。

しかし1週間を過ぎたころから、首が曲げられないような痛みを感じ始めました。
急に痛みが襲ってきたので驚きながらも、相手に連絡を入れました。
すると示談にしたから関係ないと言われ、これ以上お金は払えないと言われてしまったのです。
あの時は痛みを感じなかったので、車の修理費で示談に応じましたが、今は体に不調があることも伝えたのですが、やはり示談が成立しているということで相手にして貰えませんでした。

そんな中首の痛みがひどくなってきたので利用したのがふくづか鍼灸整骨院です。
整骨院では事故による患者が多いらしく、症状に合わせてしっかり一人一人にケアをしてくれました。
治療を受けていく中で、事故処理の対応についても教えてくれ、やはり私は相手に治療費を求める請求をすることにしました。
その時に症状が出ていなかった場合に示談が成立した場合、その後の後遺症には示談内容を変えることが出来ることがあることを教えて頂いたからです。
今後も後遺症についての示談の話し合いを設けていくことになりそうです。

東大阪で初めての交通事故専門士がいる

事故したら、ふくづか鍼灸整骨院・整体院

東大阪市鷹殿町4-21

電話 072-988-5785